不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  64

集団ストーカー  ステルス攻撃

Thu
04/17
2008
先ずは集団ストーカー報告

昨日は自分がイライラしていた事もあり
妻に対して怒りをぶつけてしまいました。
(正確にいうとイライラさせられていたのですが。。)

(妻には俺がやられている事が理解できないので
それに俺が腹を立てたわけです)

そして寝てる間はどうやら脳に電気的な刺激を与えて
細胞に変化をもたらそうと言うのか
ずっと脳の後頭葉に電磁波を放射されていた形跡があり
朝起きると、まるで二日酔いのような頭痛が止みません。

その所為か両目の視力が極端に低下しており、
親戚や従兄弟同様、俺の視力も奪うつもりかも
しれませんね。。。

どうも俺の脳細胞を色々破壊するのが一番早いと
思っている節があります。
体と脳が正常でいるうちに少しでも多くのこと
記事に書いておいたほうが良いかも知れません。。。


この記事は被害者と一般の人是非読んでください。
昨日の記事読んでない方は是非そっちを先に
読んでからこの記事を読んでくれると良いと思います。
気分が悪くなりそうな人はいつもの事ながら
読まないで下さい。



--------------------------------------------------------------------------------


集団ストーカーというのは中々しんどい被害であります。
彼らが一番狙っているのは被害者が精神的に大きなダメージを
受けて精神的に壊れていく事。
若しくは自殺や犯罪に追い込む事のようです。

何ゆえに精神的に辛いかと言うと、
被害者は、自分の周りで自分の事を信じてくれる人は
殆どいないという状況に追い込まれるからです。
(体の痛み異常に辛いと思います)

一般の人達からしてみれば”集団ストーカー”自体が
俺が記事で書いた都市伝説の様な信じがたい事だからです。


でも逆に言えばだからこそ集団ストーカーは効果があるのです
”誰も信じてくれない。。。”
そして”誰も自分の事を助けてはくれない。。。”
被害者をそう思い込ませて希望を失わせる事は
死へと追い込むのに有効なわけです。。


実は以前ブログ記事で書いたように
私の親族は皆集団ストーカーの被害を受けているようです
(呪われた一族参照)

何でそんな目に遭わなければならなかったのか。。。
それは私の生まれとおそらくは無関係ではありません。

私は北海道の稚内市の近くにある”沼川”という所、
当時”曹洞宗僧侶”だった祖父の住んでいたお寺で
祖父の長女だった母の長男としてこの世に生を受けました。

その後、実の父と母親が離婚しそれぞれ再婚した事もあり
そのお寺で祖父祖母を父母代わりに幼少時代を過ごしました。

祖父は前立腺のガンになり
50歳半ばで他界して
その後お寺は他人に譲り僧侶の家系は途切れたわけですが

その後私たちの一族の周りには色んな不幸が起きました。
叔父の一人は奉公先で精神をやられ、
祖母の家は火事になり、
そして私の母と弟は私と同じ集団ストーカーの被害者です。

稚内で市会議員をしている叔父も選挙のたびに嫌がらせをうけ
数年前には叔父の妻と長男が相次いで
失明すると言う不幸が続きました。

(一応病気が原因で糖尿病による失明と
診断されたのですが不思議な事に糖尿病は
その後直ぐに完治したとの事。。。)


勿論全てが集団ストーカーによる被害とは言いません。
でも少なくとも今現在、
私と母が被害を受けているのは事実です。
そして弟が元被害者だった事も。。。。。



--------------------------------------------------------------------------------


集団ストーカーのテクニックの一つに
私風に言えば忍者の様な”姿隠し”があります。
FF11風に言えば”遁甲の術”
戦闘機で言えば”ステルス”です。

彼らは一般人に自分達の正体がばれない様に被害者の
側に人がいる時はその存在を見事に隠します。

そのくせ彼らは群れを成して配置されるようです。
被害者が出かけた先には必ず恐らくはかなりの数の
加害者が現れます。
(だから被害者のいる付近は不思議と人が多いです)

でも隣に一般の人がいる場合彼らは出来るだけその
存在を隠すために行動も控えめにするわけです。

先日記事にしたアンカリングや仄めかしは
被害者が一般人といる時でも有効ですが
それも余り度を過ぎるとばれる恐れがあります。

そこで例えば被害者が一人になった時に
こっそり仄めかしをしてきたり、アンカリングされた
咳や頭に手をやる等のサインを被害者だけに
こっそりと出してくるわけです。

被害者は時にはイライラする事もあれば
ストーカーに対して悪態をつきたくなる事もあります。

でもそこで反応すれば一緒にいる人間は
「どうしたの?大丈夫?」
という反応を恐らくはしてきますよね。

それが彼らの狙いなのです。
一般人には気がつかれないようにこっそりと
被害者に精神的な苦痛を与える。。。

そして時には被害者を精神異常でも起こしているように
周りの人間に思わせる事。。。

そして被害者の中には恐らくは
自殺に追いやられてしまう人間もいれば
怒りの余り自分が犯罪者になってしまう人もいるわけです。

最近自殺する人間が年々増加傾向にありますが
それも集団ストーカーが間違いなく
一役買っていると思います。


--------------------------------------------------------------------------------

そう言えばTVで色んな事件が報道されていますが、
以前街中で両手に包丁を持って、
歩いている人間を次々と切りつけた少年がいましたよね。。。

(銀行のキャッシュコーナーの防犯カメラに写ってる姿が
報道されましたので覚えている方も多いかと思います)

TVの報道では、母親のコメントが短めに取り上げられ
「いじめをうけていた。。」
との事でした
そしてその母親は
「自分もいじめを受けていた」
とコメントを残したそうです。

TVではそれ以上のコメントは一切ありませんでしたが
私達の様な被害者はその報道を聞いて
恐らく直ぐにピーンと感じる物があったと思います。


恐らくあの少年とその母親は集団ストーカーの
被害者だったのでしょう。

集団ストーカーの被害に対して余りにも腹を立てた少年が
加害者側の人間に仕返しをしてやろうと
凶行に走ってしまった事件だと私は思います。

そしてそのような事件は過去にも恐らくは山ほど
存在していると思います。

(近所トラブルの多くは恐らくそうだと思います)

被害者を精神的にいため続ける事で
被害者を犯罪者に仕立て上げる。。。

これも集団ストーカー加害者の目的の一つだと言
われていますし私もそう思います。


--------------------------------------------------------------------------------

今私が受けている”姿隠し”は主に部屋とか外出時
妻と一緒の時です。

彼らは私が妻と二人でいるときは目に見えたり耳に聞こえる
ような攻撃は一切してはきません。

(電磁波攻撃という物があるのですが、これを説明すると
一般の人に対して信憑性を失わせてしまう可能性が高いので
ここでは省きます)

例えば部屋の中に私が一人でいるような時は
時には下の部屋から重いものを落とすような音をだしたり
壁を蹴飛ばすような大きな音をだしたりといった嫌がらせのような
行動をしてくる事がありますが、妻と一緒にいる時には
その気配はなりを潜めます。


そして妻がトイレに行ったような時には
その隙に私のいる場所で音をたてたり
そんなことも当たり前のようにしてきます。

でも妻が戻ってくるとその音はぴたっと止むわけです。

以前記事でも書いたのですが
昔、”八時だよ全員集合”と言う番組がありましたが
そこで演じられていた芝居を思い出すような感じです。

先ず、志村けんが自分の後ろに幽霊を発見するわけです。

驚いた志村けんは、いかりや長助や加藤茶に対して
「俺、今幽霊を見た!」
と騒ぎ立てるのですが

いかりや長助や加藤茶が振り返って見ると
幽霊はもう既に消えているのです。。

一旦は気のせいだと窘められる志村ですが
再び一人になって後ろを振り向くと
そこには再び幽霊が。。。。


この場合は志村けんは
「自分は本当に見てるのに
何故皆には信じて貰えないんだ?」

というジレンマに陥るわけです。

それと同じような立場に被害者は置かれるのです。

そして身近にいながら家族や友人は
その事には一切気がつかない。。。

説明しても判って貰えないと被害者はだんだん
イライラして精神的に孤立化するというわけです。

このように分析してみると、集団ストーカーがいかに
精神的なものを上手に利用しているかがわかると思います。

そしてそれは恐らくは心理学を巧みに利用しているのだと
私達被害者は考えています。

集団ストーカーをしてくる人たちは皆そう言う意味では
慎重な人間が多いのかもしれません。

そして今日本で起きている集団ストーカーの
主たる実行団体は日本多くの宗教団体
公安警察、その他多くの関係企業等だと
私は思っています。

(創○学会だけが加害者だとか
警察の公安だけが加害者だと言う説もあるのですが
私は全部含めて加害者だと思っています)


そしてこの集団ストーカー、
何故にそのような行動をするのか。。。

被害者の立場がまちまちなため
その目的は色々言われています。

(私も持論があります)

ただ、はっきりしている事はこの集団ストーカーには
日本の裏の構造が絡んでいると言う事。。。

これは単なる個人的な恨みや
嫌がらせのレベルの問題ではありません。

でもそれが本当はどんな理由であれ
私達被害者は集団ストーカーという犯罪が一日も早く、
白日の下に晒される事だけを願っているのです。



--------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<集団ストーカー   脳溢血と脳卒中? | 不幸のブログ 希望編 | 集団ストーカー 電磁波被害と利害関係者>>

この記事のコメント

No.116 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-06-26 Fri 21:04 | | #[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。