不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  56

集団ストーカーの恐怖 序章


以前から”不幸のブログ”見ているかたには
今日の記事は必ず読んでいただきたいのです。

面白い話ではありません。
人によっては鼻をならし
「馬鹿ジャン?」で終わってしまうかもしれません。
でも本人はいたって正気です。

この記事読んでもらって尚且つ
心の中ででも応援してもらえれば
私は幸せです。(* ^ー゚)ノ




不幸のブログ 有る意味その転換期が来たのかもしれません。

何故に”不幸のブログ”
といかにも避けられそうなネーミング
をしてしまったのか。。

以前にも言ったように私の普段の生活が妙に不運だから。。
そして自分ではすっかり諦めていたのです。

「俺は不運な人間だから。。。」
「俺はついていないから。。」

”それなら開き直って自分の不幸をネタにしちゃえ。”

そして一年8ヶ月前に不幸のブログが始まりました。

自分の努力が足りないと思って必死に頑張ってみても
それでも未だ足りないらしく私には仕事、プライベート含めて
幸運には恵まれていません。

唯一の幸運は妻と結婚できた事。

自分にとってこれ以上の女性はいない。。。
というより私には勿体無いぐらいの女性です。

でも私はそんな妻を自分の不幸に巻き込みそうな
状況です。

”最悪の男”

私は自分の事を本気でそう考えていました。

仕事をしてもトラブルが向こうからやってきて
不条理な事の嫌いな私はことごとく
そのトラブルを大きくしました。

会社を離れていても私の不運は続きました。
街を歩いていると、向こうから歩いてくる見た事もないオッサンが
私を睨み付け唾を吐いていく。。。

買い物に古本屋のチェーン店に入ると
万引き常習者のような目つきでじろじろ見られ
私の立っている側には店員がやってきて
嫌がらせのように本の整理をはじめます。

そんな小さな不運が日常茶飯のように続き
すっかり自分自信に嫌気がさしてしまうぐらいの毎日。

”俺が何をしたって言うんだ?
俺は存在する事自体嫌われてしまうような人間に
なってしまったのか??”

私の中で多くの疑問と自己嫌悪が渦巻いていました。

確かに私は万人受けするタイプの人間ではありません。
味方も多くて敵もできるタイプの人間。
学生時代から目立っていたし周りへの影響力も強かった。

でも昔から友人も多く、それも薄情な私を
慕ってくれる友人の数はいつも多かった。

学校を出て皆お互い距離があき
仲の良い友人達は今は皆遠くにいます。

だからそう言う意味では今は妻と二人で生きている私。

実社会で何かとトラブルが続き
それ以外のプライベートでも不運が続き
イライラやストレスが溜まり
苛立ちが私の人格を変え、
最近は妻にもやつあたりして、その一番大事なものすら
失いそうになりすっかり自分が嫌になってしまっていました。


でも先日私はある事を知ってから肩の荷が一気に降りた
気がしたのです。

不幸を呼んだのは私の性格かもしれない。。。
でもその不幸の半分は自分が蒔いた種ではなく
他人に演出されたものだった事に気がついたからでした。

--------------------------------------------------------------------------------


以前TVで杉田か○る が
「私は組織に狙われているから。。。」

と言っている事を聞いた事があります。

とんでもない戯言だと私はその様子を鼻で笑って見ていました。

”何馬鹿な事言ってるんだろ。。。被害妄想じゃないの?
大体組織っていったい何の事??”

私でなくてもそう思った人は多いと思います。

でも今の私はその杉田かおるの言葉が嘘や冗談や
被害妄想でない事が判ります。


最近私のブログの記事の内容が少し変わった事に
気がつかれている方も多いと思います。
最近は”都市伝説”とか如何にも一見まゆつばものの記事を
書いては私のブログを読んでくれている人に
現実の裏にある真実を紹介していこうとしています。


最初に集団ストーカー
そして騒音おばさんの事。
そしてペッパーランチの事件。。。


これらはオカルトやオモシロ半分のようなつもりで
書いたわけではないのです。

そうこれらは恐らくは現実の世界で実際に起きている事。。
TVマスコミが取り上げていないだけで
実際に起きている事件の裏の話なのです。

そしてそんな記事を書く気になったきっかけ。。。

それは私自身が

集団ストーカーの被害者である事


に気がついたからでした


集団ストーカー
信じられないような本当の話です。

それに気がついたきっかけは2chの”下の部屋の住人が煩いんです”

といった内容の書いてあるスレッドに訪れた時でした。

--------------------------------------------------------------------------------

実は私は以前から下の部屋からの騒音に悩んでいました。
そして仕方なく引越しをしたのですがその引越し先でも
下の部屋からの騒音に悩む。。。

ここまでは不幸な偶然で片付けちゃうと思うのです。
増して元々不運な男と自称する私ですから
ちょっとやそっとの不運にはびくともしません。

でもその騒音問題がエスカレートして
すっかり私は参っていました。

寝不足で会社に行きつづけその所為もあるのですが
会社でもトラブル起こし、おまけに体調を崩し
部屋で寝込む事になりました。

そして会社復帰を諦め、同じように
騒音に悩んでいた知り合いに愚痴をこぼしていたところ
2chでためになる記載があるといわれ
真昼間から久々に2chを訪れそこで面白い書きこみを
目にする事になりました。

全文抜粋


現在「集団ストーカー」というのがよく話題になります。
創○学会がやっているとか、探偵社がやっているとか、色々憶測が飛んでいますが、
実際には学会が行っている犯罪です。学会員と揉めてからはじまりました

学会の中には創○班・牙城会という部署があり、ここには
「学会・学会員とトラブルを起こした一般市民に嫌がらせをするセクション」
が存在します。
この連中は学会の敵を監視して、嫌がらせをするのが仕事です。
こいつらが行っている任務が、集団ストーカーです。

学会員は組織的なネットワーク網が充実しているため、実行部隊には学会員を使っています。
パッと見には、誰が学会員だとかはわからないでしょう。
それをいいことに、学会のネットワークに個人情報を流し、嫌がらせをさせているのです。

「仄めかし」というのは本来、「どこにいても対象のことを知っている人間がいる」
=「どこにいても監視されている」と思わせることが目的です。
それを治安を破壊する者でなく、単なる一般市民に対してハイテクを駆使して
集団で行うのが、学会の集団ストーカーです。

警察なども行っているという報告がありますが、警察内部にも学会員はいますから
自分達の敵に容赦しない創○学会は一般市民に対しても 容赦なく実行してしまいます。
また集団ストーカーの後始末は精神科へ行かせて証言能力を奪うか
社会的に抹殺するか学会員にするかのいずれかですが地域や親戚家族をも
巻き込んで猿芝居を演じて基本的には絶対に精神科へ叩き込みます

どちらにしても、学会が、その体質として受け継がれてきた敵対者をひっそりと
抹殺する方法が集団ストーカーといわれているものの実態です。



この文面を見つけて私は背筋がぞっとしました。
今自分が置かれている状況がまさにそれと重なるような
そんな気がしたからです。

そして今度は2chで創○学会の板を開きそこに”集団ストーカー”
関連のスレッドを見つけ読んで行くうちに
自分がその被害者であるかもしれない事に
ようやく気がついたのです。

私だから今まで気がつかなかったのか。。。
私だから気がつく事が出来たのか。。
それは私にもわかりません。

でも実在するのです。集団ストーカーは。

普通ありえない事、平和な日本だから増して考えられない事。。
被害者でない人は最初に”被害妄想”という四文字を
思い起こすと思います。

「こんな平和な日本にそんな馬鹿な事があるわけがない。
お前頭おかしいんじゃないの?」

私だって自分が平凡に生きていたら絶対にそう思っていたと思うのです。
でもそれは自分の身に降りかかってきた現実。

そして今毎日私の前にそれは起こっているのですから。
以前何も気がつかなかった時よりもいっそう増していく
加害者の嫌がらせ。

人によっては耐え切れずおかしくなったり自殺する人も多いと言います。
まして以前の私のように集団ストーカー自体に気がつかず
毎日辛い日々を送っている人も多いと思います。

宗教団体やイデオロギー集団を非難するような表現は
一番危険な行動だと思います。
でも遭えてこうやって私が書いているのは
恐らくは他にもいるであろう被害者にこの事を気がついてもらって
その作られた不運と真っ向から向き合って欲しいのです。

戦えとは言いません。
一人一人の人間の力は微々たるものです。
増して与党に公○党を送り込んでいる人達にはむかうと言う事は
戦車に戦いを挑む蟻と言っても言いぐらい厳しいと思うので。。。

でも耐えてください。そして希望を見つけてください。
私も未だ諦めてはいません。

そして今後は自分の身に起きている事を
このブログを使って細かく具体的に紹介していきたいと思います。


一般人の方には是非そう言う事が現実にあるんだということを
知っていただくきっかけになれば良いと思っています。
是非興味もって”集団ストーカー”ググッテ下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/vanmoon84


私が一番参考にしている被害者の方のブログです。
解りやすくまとまっていて始めて興味もつ人にも
違和感なく読めると思います。


もしブログが丸3月以上更新が止まったら。。。
その時は私はもうこの世にいないと思って下さい。

今後このブログは私が今元気に生きているという
証にしようと思っています。

心にゆとり在る時は今まで通り自分の不幸ネタを
記事にする事もあるので
これからも宜しくお願いします。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<集団ストーカーの科学力 | 不幸のブログ 希望編 | 集団ストーカーの手法>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。