不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  258

霊魂と想念VOL1


二つ目の記事です

今日からの記事、霊界と言う精神の修行の場、
霊魂の集まる場所が存在していると認識している方々には
不愉快な話になります。

勿論、私の独断と偏見と捉えてもらってかまいませんし
気分が悪くなるような方は読まないで頂ければと思います。

ただ、この記事は”霊魂”を否定するわけではなくて
その実態を別な捉え方が出来るのではないかと言うことで
取り上げてみました。

アダムスキーによる”想念”の話を取り上げれば
結果的には霊障や幽霊、霊のお告げをすべてを
否定する事になってしまいますので

それに関しての理解も、
並行して求めようと気を使いながら書きました。

それでも恐らくは自分の価値観を否定されたと
気分を害する方も出てくると思いますので

今のうちからその件に関してはご理解を求めたいと思います。

ちなみに私は一般で言われるような霊体験は
結構してきています。

姿を見たこともあります。

それで尚且つその認識に関して
別の認識の仕方があるという可能性に気がついたので
それを紹介したいわけでもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




”うしろの百太郎”、”恐怖新聞”。

私は子供の時から”つのだじろう”の漫画が大好きで
UFOと同様に霊魂にも興味を持っていました。

ノストラダムスやエドガーケーシーの予言にも嵌りましたし
ユリゲラーにも興味津々でした。

それ以外にもCIAとUFO そして宇宙人と
オカルトは網羅していましたし

”UFO”に”宇宙人”に”超能力”に”幽霊”に”予言”となると

もはや、オカルトの”ロイヤルストレートフラッシュ”です。

しかし単なるオカルト好き人間扱いされると困ります。(苦笑)

勿論それらをそっくりそのまま信じてこの歳まで来た訳では在りませんが
兎に角、奇妙な事や不思議な事が大好きでもありました。

オカルト好きなのは生まれつきの資質もあるのでしょうが、
やはり実体験が物を言うと思います。

私は火の玉を三回、幽霊らしきものを三回
そしてUFOらしきものも頻繁に目撃したと言う体験もあります。

自らが体験していれば嫌でも興味を持つ事になると思いますし
それは他人の体験を鵜呑みにしている事とは
事情が違うと思います。

火の玉に関しては子供の時にお寺の墓場で一回
キャンプ場の近くの稚内霊園で肝試しの時に数人と一緒に、
更には友人宅(洗車場)で昼間に一回目撃したのですが

これは大槻教授が言うようなプラズマや、
リンが燃えた事での人魂と呼ばれるものだったと
今では考えています。

UFOらしきものに関しては小学校3年生の時の
矢追純一さんのUFOスペシャルを見るようになる直前に

真昼に頭上で輝いている”星”が
消えてなくなるのを目撃したのが一番最初。

(それ以来数年に一回程度のペースで見かけていました。)


そんな事もあり、
それがどうやらUFOらしいと気がついてからは

矢追純一UFOスペシャルには夢中でしたし
おかげで”グレイ”も脳裏に刻み込まれる事になります。

超能力に関してはユリゲラーで嵌り、
自分もスプーン曲げに挑戦するも出来ずに挫折。

”超能力は存在する”と思いながらも
自分には素質がないらしいと諦めそのうち興味も失せます。

でもユリゲラー氏が生放送で壊れた時計を動かすと言ったので
自分も時計を用意すると本当に動き出したと言う実体験はあります。

20年前の再来日の時には
ユリゲラー氏の書いた封書入りの絵を
当てる事も出来ました。


そして幽霊に関しては、高校生の時に
スキー授業の時に霊園で昼食をしたのがいけなかったのか
帰ってきてから数日間怪しげな気配と姿に悩まされた事がありました。

その後大学時代にも一度
遠くに見えた人影が消えていくのを目撃した事があり、
自分の中では幽霊の存在は絶対に存在するものだと思っても居ました。。

そして人間は死ぬと霊魂に成るのだと言う事も
想像していました。

その認識はやはり、
つのだじろうさんの漫画の影響が強かったのだと思います。

しかし28歳を境に一切奇妙な現象には出会わなくなり
今では幽霊よりもSFに出てくる肉体を持った奇妙な生物
(ゾンビとかバイオハザードの生物)の方が怖いなと考えているぐらいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログで幽霊に関して取り上げる気になったのは
アダムスキーの主張との関連で是非、触れたい事が在ったからです。

アダムスキーは霊魂=人間の精神という捉え方ではありますが
その存在自体は認めていると思います。

私達の実態はこの肉体ではなくて精神にこそある。

ブラザーズの教えはまさにそうでしたし
アダムスキーもそう主張していました。

多くの方はその霊魂=精神が実態のないものであると
考えるかと思いますがそうではなくて

それはある種のエネルギーの塊として認識されるものだと思います。

以前読んだ本では、人間が死ぬと”5g”体重が減少するそうです。

それを科学的に説明しようにも
認識すべきものが見つからないわけですから
その”5g”が魂であるかどうかは証明できませんが

おそらくはそれこそが魂の重さではないかと想像していました。

私達は目に見える物質のみを物であると捕らえていて
そうでないものを認識する事は出来ません。

私がよく騒いでいる電磁波にしても存在するものであり
それは無ではないのです。

でもそれを肉眼で認識する事は出来ませんし
その存在を私達は通常は意識する事もありません。

死んだ時に私達は無になると言われますが
では体から抜けて出た”5g”は一体何だったのかという事になります。

それを踏まえて
魂=精神は質量を伴った物質である。

そう考えるのが論理的かと思います。

私達は自分達の知覚できる分子レベルでしか物質を認識できません。

空気と言ってもその中には色んな分子が混合していますが
私達はそれを認識する事も不可能です。

更には私達は分子や原子と言った物質レベルでの
認識基準は持っていますが

ブラザーズに拠れば詳細にはそれ以上に細かい物質と言うものも
存在しているそうです。

そして形態物はすべて、
”エネルギー化された微粒子によって囲まれた一定の容積を持つ空間”
から成り立っているそうです。

それは私達が手に触れて“硬い”とか”触れた”と認識できるものとは限らず
そこに存在していても当然目に見えない知覚できない物質もあるわけで
魂もそのようなものであると想像できます。

そしてもしかしたらその全体の質量を測ると
”5g”なのかもしれません。

私の記憶違いでなければどんなに大きな人間でも
どんなに小さな人間でもその重さはほぼ一定して
”5g”であったという研究者の話でした。。

そしてその”5g”こそが私達の実態であり
精神そのものではないかと思います。

つまり、魂は見えないけれど確実に存在しているものであると言うこと。

そしてそれは物質と言うよりは
エネルギーの塊に近いのでないかと想像できるわけです。

魂は”父なる神”からのエネルギーを受ける場所でもあります。
それゆえに意識が神から離れると電池切れを引き起こすことになる。

そしてこのような事はおそらくは先進国の国家の研究機関は
みな当然のように理解しているのではないでしょうか。

最近はデジタルカメラの普及に伴い
オーブ成る物がよくカメラで捕らえられるようになり
それが人の魂ではないかと言う話を聞く事があります。

詳細を言えばおそらくはあれはプラズマであり
必ずしも魂と結びつける事の出来るものではないと思いますが
ブラズマ自体もエネルギーの塊のようなものでもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで問題はその魂=精神が
死んだ後にどうなるのかと言う話です。

人は死んだら天国に行くか地獄に行くかを判定されて
その後の行き先が決まると、私達は親などから聞かされてきました。

それはクリスチャンに限らず仏教徒であっても同様のはずです。

しかしこの天国と地獄と言う概念は

ブラザーズが私達に宇宙の法則を伝えるために利用された
創作であると私は理解しました。

大体が天国と地獄と言う極端な二分化を考えれば
それが本当に存在して居たとすれば

ぎりぎりの判定で天国に行く人間も居れば
ぎりぎりの判定で地獄に行く人間も居る事になりますし

それを一体どんな基準で判別するのか等、
現実には理不尽に感じる疑問が沢山生じます。。

そしてブラザーズの話によれば
私達が天国と地獄を信じるのは火星人や金星人が
私たちに心の教えに興味を持たせるための話の副産物だと言うことでした。。

天国は金星人や土星人の社会そのものでしたし、

地獄は水星の灼熱の星であると言うイメージから
来ているという話でしたし、


それを天にある天国と区別するためにも
地に埋め込んだイメージにした事で地獄と呼んだと判断すれば
理解できるものもあります。

更に天国のイメージは死後の世界に行ったと言う人間の体験にも
基づいていると思います。

不思議な事に、霊界という存在は、
その人間が持っている知識に左右されるものなのか

日本人であれば川が出てきてそれが三途の川であるという印象を
受ける事になるのですが、

外国の人間が臨死体験をしたと言うときは
それとは異なる映像を見るようです。

つまりは天国に行ったというのはその人間が頭の中で作り上げた
イメージである可能性が高いのです。

そして私達の脳裏に
霊界の存在を実在する物であると言う意識を刻み込んでいるのは
多くの臨死体験者や預言者や霊能者と自称する人間達の存在です。

そのような人間達は、天国を見てきたとか
天国に居る人間と通信したとか
天の神からお告げがあったと触れています。

しかしそれを私達は認識出来ませんし知覚出来ません。
その人間の主張を信じるしか天国や霊界の実態を
認識する手段は無いのです。

そう言えば臨死体験のある丹波哲郎氏は
UFOを霊界と結びつけて考えていたようで
そんな映画まで作っていましたが

少なくともUFOが霊魂や霊界の乗り物ではなくて
現実に物質として存在する事も理解して頂けるかと思います。

アダムスキーの主張するブラザーズは多くの人間に会っていて
現実にはその実在を認識されているのですが、

少なくとも一般市民にとっては未だ認識できていない存在です。

例え、欧米政府の権力者が目の前で目撃していたとしても
彼らと実際に会談をしていたとしても、
一般市民には正式な発表がなかったわけですし

ブラザーズの存在の信憑性は、
一般市民にしてみれば霊魂と同じレベルなのです。

その事情を利用して闇政府の人間達が
UFO情報のミスリードとして作り上げたのが
UFOは霊界の乗り物であると言う説。

ずいぶん多くの人間がそのために暗躍し
一般市民も振り回されたようです。

今ではUFOと霊界の関係は否定できます。

一方では、今現在生きている人間の中では
誰も霊界を正しく知覚した人間など
この社会には存在していないと言うのが事実だと思います。

現に臨死とは言っても、
その体験をしたとされる人間達は現実には死ななかったわけですし、
あの世で修行をして来た人間など現実には存在しても居ないからです。

つまり霊魂と霊界問題を
私達は正しく把握しては居ない可能性が強いと言う事です。

それは噂や情報として入ってくるものばかりであり
それを実証するにも勿論証拠はありません。

私は”5g”の物質として霊魂が存在していると説明しました。

それは現実にこの社会の中でエネルギーのような形で
測定可能な物質として捕らえる事の出来るものとして
存在しているという意味です。

まったく別の次元の別の存在として
それが認識できるのかどうかと言う話はまた別問題です。

四次元や五次元の存在を持ち出して
そこに存在しうるのが霊魂であるとか
そこでしか認識出来ないのが霊魂であると言う話をする人も居ますが

四次元はこの三次元空間に時間の枠を加えた概念であると言う
話もありますし、これも容易には認識できないものであります。

認識できないものが二重にも三重にも重なった理論が
どうして正しいと私達は確信する事が出来るのでしょうか?

今の私達の知っている霊魂の情報に
もっと他の可能性を併せて追求してみたいと思います。

続く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.

ここでも寝言が続きます。


今日は導入ですが、最終的には精神感応の話へと
進んでいくことになります。

そしてこの精神感応こそが私達の精神を進化させる
一番重要な物となってくるらしいことに気がつきました。

具体的に言えば、

自分の”心”は感情やエゴの意思の作用による動きであり、
一方では自分の”精神”は限りなくすべての人間が共通に持っている
宇宙の意識に繋がるものであるということ。

それを理解する事で”心”の動きを抑えるか
心を精神に重ねていく事で私達の意識も自然と高まると言う話なのです。


ただ、そのためには”精神”がさまざまな事象の受容体となっている
事実に気がつかなければならないと言う話です。

私達には第六感ではなくて”触感”の延長として
全身で想念を感じるという能力があるようです。

そしてこれこそが精神感応でありアダムスキーが
テレパシーと呼んでいるものです。

その多くはイメージとして受け止める事になりますし
”声が聞こえる”様なものではありません。

またその件に関しては記事で触れますが
更なる覚醒には絶対に必要な感覚であり

私たち誰もが無意識に使っている能力でもある事も
触れておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日の記事に関して。。。

霊界を否定したとしても
私は最後の審判のような場があることは否定しません。

カルマの法則と言われるようなものが
現実に転生には大きくかかわってくると言う事が
ブラザーズの話からも認識できますし、

精神=霊魂としてその体験する時間が
人間と同じ様なものであるとは限らないからです。

アダムスキーの言うように転生が一瞬で起きたとしても
その前段階には精神=霊魂は
何らかの時間を体験していてもおかしくはないと思っていますし

その可能性は考えなければならないと思っています。

しかし霊界に関しては今のところ否定的です。
その存在を示す材料が私の知識と整合性を持つものとして
発見できないからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<霊魂と想念 VOL2 | 不幸のブログ 希望編 | 被害の報告>>

この記事のコメント

No.222 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-08-10 Wed 19:23 | | #[ 内容変更]

No.223 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-08-10 Wed 19:48 | | #[ 内容変更]

No.226 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-08-23 Tue 15:44 | | #[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。