不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  256

覚醒の時

昨日の私の壮大な寝言に何かを感じてくれた方はいるでしょうか。

勿論私は本気で言っていますが
目に見える事や検証できる事でなければ信じない方にしてみれば
理解しがたいオカルトだろうと思いますが

ここでは私の独断と偏見満載で行く予定ですから
そのつもりで読んでやってください。

本ブログの記事の様に、
何かに信憑性を持たせるために、一つ一つを小さく積み上げている
余裕は今はないと思っています。

できるだけオカルトにならないように気をつけながらも
スピードアップしてしまいましたので
戸惑っている方もいるかと思いますが、

昔の記事の中にも私の価値観はちりばめていますし
整合性は保っているつもりでもあります。


今日は最初から最後まで寝言です。

理解者と精神話に興味のある方が読んでいただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

意識の向いている方向は人によって異なります。


例えば実社会にばかり目が向かい、
政治や経済に一切無関心な人が居ます。

政治や経済には興味があっても、
一般常識以外の範囲外のものは受け付けない人も居ます。

更にはオカルトが好きでそちらにばかり目が行く人も居ます。


科学や機械にばかり目を向けている方も居ます。


勿論、中には色々な分野に興味を持っていて
尚且つ常に知識を取得しているという方も居ます。

ブラザーズも未だに勉強中だと言うことです。

正しく言えば、知識の取得と精神の向上、
それこそがブラザーズの生きる目的となっているそうです。

とても旺盛な好奇心が彼らの更なる精神の進化を支えている。

そう考えれば地球の私達の中でも
多くの知識を取得するよう努めている人間

色んな事に興味を持って生きている人間ほど
精神の発達が期待できると言う事かもしれません。

そして彼らの思考は自分で物事を判断する事に始まります。

自ら吸収した知識、体験した事象が彼らを成長させるのです。


残念ながら私達の多くにはそれは実践出来ていません。


多くの方は、与えられた知識が自分の常識範囲の事であれば盲目に信じてしまい
自分で検証しようとはしませんし、
新たな知識を自ら求めようとする人間も少ないと思います。

更には、それをする余裕を持たないよう厳しい生活環境へと誘導され
与えられる情報も嘘で塗り固められ
今ではその思考能力さえ奪われようとしているのです。

最初から準備してある物を与えられ
それを正しいと教えられるようなものに関しては
全てが私たちの独自の思考の機会を奪っている事にもなります。

学校教育もそうですし、一般常識、組織の教え
みな同様の弊害を持っていると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでも未だに地球の中には多くの覚醒者、
若しくはそれに順ずる人間が増え続けているようです。

私が一時想像していたのは、
”ブラザーズ”のような人間達の地球への転生です。

ケネディー大統領の死、ヨハネス23世の死、
しかも地球の大気圏から締め出された形のブラザーズにとって

今後、地球に影響を及ぼそうとすれば
地球に残された数少ないブラザーズの存在に依存するか

地球の一般市民に彼らの能力を使用して思念を送り込み続けるか

他に可能性があるとすれば、
地球に対しての転生者を募る事ではなかったのだろうかと
想像したわけです。

つまり地球の代表者達がその意識を変えてくれないのなら、
そして一般市民にその事を伝えてくれないのであれば、
今度は地球人を市民レベルから変革してしまうしかない。

彼らはそんな事を考えたのではないでしょうか。

そして、もしかしたら大量のブラザーズがこの地球の中に
転生者として送り込まれた。

そしてそんな人間達が今この地球の中で
地道に意識を目覚めさせている。

そんな寝言を考えていました。

しかしながら現実にそんな兆候はあるのです。

私には前世の記憶はありませんが、
最近は多くの若者が前世の記憶を持って生まれて来ていると言う話もあります。

”インディゴチルドレン”とか呼ばれている不思議な人間達は
もしかしたらブラザーズの地球への転生した意識の持ち主ではないのか?

そんな気がするわけです。

そしてブラザーズにしても、
聖人を送り込んで宗教を語らせるような段階は
とっくの昔に過ぎてしまっていると思います。

地球最大の影響力を持つキリスト教を利用したファティマの予言ですら
地球に住む人間の意識を変える事は出来ませんでした。

更に地球上の宗教はすでにある程度勢力図を固めてしまい
一方では小さな宗教が乱立し

これではイエスやブッタが転生でもして見せない限り
人々は心を変える事も無いでしょう。

となれば宗教を利用して人間を変える事は諦めて
今度は元々が宇宙の法則を理解できる人間を送り込み
その人間の社会への影響を強めて行こうと考えたのではないでしょうか。

(実は地球での転生は記憶を失いがちで尚且つ環境に染まりやすく
ミイラ取りがミイラになりかねないそうです)

そして、今ブラザーズに出来る事は、
そんな人間達が自分の使命に気が付いて

宇宙の法則に則った生き方を始め、
尚且つこの地球に良い意味での影響を及ぼすために協力する事。

つまりは覚醒を助けるような協力を外部からし続ける事だと思います。
(死んでいった肉親が転生先で親族に想念を送っている可能性もあります)

もしかしたらアセンションと言うような話は
元々はそんなところから来ているのかもしれませんし、

だとすれば今は既に宇宙意識に覚醒したような人間達が
この地球上には大勢存在している事にもなりそうです。

そして恐らくはブラザーズの意識は特定の周波数の想念として
地上へと届けられているのではないのか??

そんな意識を受け取る事ができる人間が目覚め覚醒し
宇宙意識へと変貌していく。

オカルトに嵌る人やアセンションに嵌る人の中にも
きっとそんな意識を持った人間が多いのではないでしょうか。

更に、そんな人間が実は世界中にばらばらではなくて
特定の地域にまとめて転生しているような事があったとしたら。。

私はチベット人や日本人が闇政府の目の敵にされているのは
単なる偶然では無い様な気がするのです。

(日本人というよりは日本で生まれた人間と言うべきかもしれませんが)

まず、チベット族は元々が仏教に則った生き方をしている
精神の高い人間が多い人達です。

そして日本は島国と言う事もありますし軍隊も放棄しました。
”表立って”は他国の侵略の危険性も見えませんし
元々が道徳性の高い民族です。

転生先には打ってつけだと思うのです。

勿論今ではチベットは弾圧されていますし
日本も酷い目にあっています。

日本を沈没させろと言っている人間達が居る、
日本人は皆殺しだと嘯く人間も居る。

しかしチベットや日本が目の敵にされればされるほど
”人格神”同士の争いが地球で続いているような
そんな錯覚を覚えるわけです。

日本人やチベット人に関してはYAP遺伝子の件もありますし
その体が何らかの資質を引いて生まれて来ている可能性もあります。

(そして私の主張では本当の”ヘブライの民”の末裔は
この日本にこそ多くいるはずです。しかもそのうち10支族は
”聖書の神”に見切りをつけた人間たちでもあります)

アシュケナージユダヤ人が高い知能を持っているのと同様にです。

そしてもしも彼らが古代の”神”の意識を未だに引き継いで
生きているとしたら、
その目的は本当に優秀な人類の選択と
そうでない人間の淘汰・管理支配かもしれません。

彼らの目的を果たすために邪魔な存在は
ブラザースの意識を持つような人間。

だからこそ、そんな人間達が意図的に優先して淘汰されている。。

勿論、末端の傀儡達はそんな事も知らずに
自分達の与えられた命令や自分達の目的のために動いているのですが
結果的にはそんな意図を代理で実行しているのではないでしょうか

だとしたら今の私達には表立って出来る事は少ない。。

相手は世界の支配者層で全てを掌握しているし
権力も経済力も情報能力も優れています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間が成長をするのは苦境に立った時かもしれません。


それは虐めを受ける事かもしれませんし、

迫害を受ける事かもしれません。

更には貧困や飢餓に苦しんだ事かもしれません。

目的を果たせずに挫折した時かもしれません。

そして時にはそれを受け続ける事で
精神は歪んでしまう事もあります。
(私がその傾向があります)

私達は決して強い存在ではないからです。

でも、もしもそれを乗り越える事が出来て
そこでエゴに踊らされる事無く
宇宙の法則なる人間のあるべき意識へと辿り着く事が出来たなら。。

きっと私達は大きく成長する事も出来るのでしょうね。


ルカ伝6章20節

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貧しいものは幸いです。神の国はあなた方のものです。
今飢えている者は幸いです、あなた方はやがて飽く事が出来るからです。

今泣いている者は幸いです。あなた方は今に笑うようになります。

人々があなたを憎む時、また、あなた方を除名し辱め
あなた方の名をあしざまに貶す時、あなた方は幸いです。

その日には喜びなさい、躍り上がって喜びなさい、
天ではあなた方の報いは大きいからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イエスキリストは不遇な立場に居る人間を取り上げて
このように語っていました。

つまりは今現在、その様な不遇な目に遭っていると言う事は
そのまま精神を高めるための機会となるのだと言う
ブラザーズの考え方を示して見せたのだと思います。

心が満たされ続けていれば
私達はそこに精神の変化を感じる事もありません。

心が満たされないからこそ満たされた時の喜びも大きい。

勿論延々と心が満たされる事のない時には
私の様に、社会に不満を感じたり、他人を妬んだり、
その意識が良くない方向へと進んでしまいそうになる事もあると思います。

しかし満たされない気持ちや悲しい気持ちは
実はそのまま社会への疑問を持ったり、
物事を自分の意識で考える機会にもなりますし

(私のように満たされていない人ほど政治経済や
心の問題に興味を持つ人間が多く、
”金持ちは喧嘩せず”と言うのが実情だと思います)

それがきっかけで意識を変える人だっていると思います。

イエスキリストは
そんな機会はそのまま人間の精神を高める良いチャンスであり
宇宙の法則に目覚める良き機会になると言っているのだと思います。


虐め問題を例に考えてみると

まず、多くの人間は虐めを見つけてもそれを放置するか
それに加担するそうです。

止める事で自分が目立つ事、矢面に立つ事を
嫌うという傾向もあるのでしょうが、

加担しないと今度は自分が苛められる事になるから
止むを得ないと考える方も居るかもしれません。

しかしその人は、
その時に人として正しい行為を実行せずそれを避け
自分が苦しまない道を選んだ事になります。。

人間として楽な道を選んだと言う事です。

その態度には自己愛(エゴ)はありますが道徳心はありません。

勿論、大勢で他人を甚振る様な行為をする人間達は
精神を高めるわけもありません。

そして苛められていた本人はその時は
激しく苦しむでしょうが

その経験は精神に深く刻まれて
成長するきっかけと成るのだと
イエスキリストは言って居たのではないでしょうか。

その意味では、世界中には大勢
大きく成長する可能性の高い人間が
存在している事になります。

飢餓で苦しんでいる人間は世界中に大勢居ます。
民族虐待を受けているような人間達もいます。

今の世界では組織的犯罪や闇政府の手による人間淘汰によって
苦しんでいるような人間だって居ます。

日本人だって、裕福な世界に暮らしては居ますが
現実には年間3万人もの自殺者を生み出すような
苛酷環境と現実には隣り合わせなのです。

そんな人間達が目覚めて宇宙の法則に則って生きれば
”神の国”である他の星での転生も、ぐっと近づく事になると思います。

一方その法則で生きる事となった人間は
今度はその法則をどう活かしていけば良いのでしょうね。。

ブラザーズが知らせてくれた、この地球規模の変動と言う危機
そしてその事を私達地球人の殆どが知らずに暮らしていると言う実態。

更には大規模な戦争や地球人の暴走が
この地球にとっては自殺行為になると言う事実。

例え地球の周期変動の結果生き長らえたとしても
更に今度は近い将来、太陽系の崩壊が待っていると言う
とても絶望的な事実。

それを踏まえた時に、
私達は今一体何をするべきなのかと言う事が
一番の問題だと思います。

私は地球規模での意識の改善で、
私達の”人格神”であり”天使”でもある人間達に
手を差し伸べてもらう事を期待しているのですが

正直今のこの環境ではそれは不可能に見えます。

アジア一つとってもあちこちから聞こえてくるのは
国同士の争いや戦争になりそうな、きな臭い話ばかりです。

人々の争いは闇政府の誘導が原因であるとしても
決して止みそうにもありません。

そして地球が変わらない限り
ブラザーズが救いの手を伸ばしてくれる事も有り得ません。

(勘違いして欲しくないのは、
どこかのアセンション精神論サイトのように

”目覚めた人間は宇宙人に助けてもらえる”
などと言った話は有り得ません。

地球が滅ぶ時は覚醒していようが悪事を働いていようが皆一緒に滅ぶのです。
その後どうなるかは本人の意識しだいと言う事になるのでしょうが)

その後、多くの精神が別の星で生まれ変わると言う保障も当然ありません。
それを最後に私達の殆どが消える可能性だってあります。

ブラザーズは非常に少数の人間だけが新しい星に
転生すると語っていたようです【アダムスキー論説集】


太陽系の全てが崩壊したときにはそれも長い時間をかけて
原子レベル、もしかしたら更に細かいレベルにまで分解されて
新しい太陽系などの材料になるとアダムスキーは話していました。

人の精神を構成する物質も
その時は勿論粉々になり記憶だって存在自体も全て失われる事になる
と言う説明のようです)

今自分の身近で暮らしている仲間達、
そして自分の親族や友人や愛すべき多くの人間達の精神が

そのまま消えて無くなる事を考えると
私達は愛するものを失わないためにも
地球規模で救済されるそんな方法をこそ考えるべきだと思うのです。

かと言って私達には広報手段もなければ
闇政府からの妨害もあると思います。

私と同じ意識の人間が直接会って結束をする事は
まず不可能だと思います。

(私は組織的犯罪被害者としての立場で
それを実感させられました)

しかし人間の想念は電波と同様に特定の周波数を持って
脳から発され続けているのだとアダムスキーは説明していました

出来るものならば、私達は自分の意識を想念という形で
地球中に撒き散らす事が有効では無いかと想像しています。

隣の人間をつついては
「宇宙の法則を知ってください」
と言っても誰もそんな寝言には耳を貸してはくれないと思います。

最後は本人が気が付くのを待つしかないかもしれません。。

私達には目に見えない共通の意識のようなものが存在しています。

それが理解できる方は恐らくは精神感応(テレパシー)が
発達しかけているのではないかと想像しています。

アダムスキーは人間同士が理解しあうためにも
それが一番大切である事を身近な人間に語り、
その中の数人は訓練によってその能力を有していたようです。

どうせ組織を組んでも妨害されるわけですし
今でも私達が目覚める事を闇政府は妨害し続けているのですから

それに対抗するには如何に人間の意識が
他人に強い影響を与えるかと言う事を
信じて実践するしかないと思います。

オカルトじみた結論になりましたが

まずは目覚めて頂いて、
そして強い意識で多くの人間達が目を覚ますための協力を
していけたら良いかと思います。

そのためにも自分達も精神を高めていかなければならない。
今こそ一日一日が大切な時かと思います。

そして今こそ覚醒の時です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.

今の社会では間接的であっても殆どの人間が
どこかの組織や宗教の影響を受けていると思います。

そんな人間達の協力なしに宇宙の法則・神の法則は
広がることもありません。

どんな組織に属していてもどんな宗教を信仰していても
構いませんので是非賛同してくれる物が在る方は
私と共にブラザーズの意識を学んでいきませんか。


兎に角今は知識を入れて何が正しのかを認識する事。
そして納得したらその視線で世の中を見回してみること。

そして正しいと思った事を実践していくのです。




スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<理想の社会。 | 不幸のブログ 希望編 | 宇宙人とエイリアンと地球人 神と天使と悪魔の正体は。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。