不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  255

意識転換の勧め

保守系の人間などは、未だに日本の実態を誤解しています。

日本はもう日本では無いのです。

恐らくは見えていない帰化人の数の多さ。

日本は在日の外国人だけに攻められているのではない。。
”日本人”と名乗っている人間の中にも
数多くの日本人意識を持っていない人間達がいるのです。

戦時中、多くの若い男性や壮年の男性が戦死しています。

日本の本当の大きな変化は、そこまで遡って調べなければ
見えては来ないかもしれません。

私達が想像しているよりも、外人意識を持っている人間は多いのです。
恐らくは日本の人口の30%は帰化人の血を引いている人間だと思います。

どこの国の血を引こうがどこの民族の血を引こうが
本来関係は無いのですが
その中には多くの反日意識を持った帰化人もいる。。

日本は反日意識を持ちながら日本人の振りをしている人間や
日本人を憎んで生きてきた人間、

さらには自分達が幸せに、裕福になるために
外部からこの日本を奪おうとしている人間達の協力体制で
半ば崩壊しているのです。

政治家だって半数以上が帰化人だと思います。

その政治家の茶番劇に一喜一憂している間にも
この日本への外国勢力の力は浸透し続けている。

外国勢力は時には争いながらも
日本を乗っ取るという目的のためには結束をしている。

私達は何も気がつかず踊らされているだけ。
それこそが今の日本の実態だと思います。

マスコミ報道の傾向を見ても、
マスコミ画面に出てくる人間達の姿を見ても
それは容易に判断できるはずです。

日本を真剣に危惧している日本人が大勢いる事はわかります。
しかし悔しいけれども日本はもう改善しようが無いのです。

経済、教育、司法、立法、行政、

全てが特定の意識を持った人間達に
半ば乗っ取られている状態だからです。

都心などは昼間、繁華街を歩いているのは
在日外国人ばかりです。

日本には、右に転ぶか左に転ぶかと言う選択はあっても
前に向かって進むと言う選択は無い。。

少なくとも見えない一方的な戦争の最前線で
無防備で立ち続けている私にはそれを見つける事ができません。

相手はあまりにも心無い人間達です。
自分達がよりよく生きるために日本人を犠牲にしようとしています。

それも彼らはその多くは
日本人との共生を願っているわけではないのです。

日本人淘汰含めた、自分たちの暮らしやすい日本への変貌が
彼らの持っているシナリオだと言う事です。

自分達の凝り固まった意識に捉われているような人間は
私のような人間が何を言っても無駄ですし
説得や共生の出来る人間達ではないと思います。

こちらが戦闘意欲の無いことを示すと
”しめた”と攻撃の手を強めてくるような意識も持って居ます。

民族意識も強く戦闘意識も強く、プライドも高く、
それがそのまま日本人淘汰への原動力にもなっていると思います。

彼らが闇政府に利用されているとか居ないとかは
この際問題ではありません。

現に暴れているのは彼らですし、止まる気配が無いからです。

そして明言すれば、日本乗っ取りを図っている関係者達は
老若男女かかわらず全員が戦闘員、兵隊のような状態なのです。

国家レベルでの憎しみの誘導、宗教的洗脳、家族の中での教育。

そんな背景もあるのでしょうが彼らの頭には
元々が戦争や争いがインプットされているのです。

現に私はそんな実態を、(闇政府絡みという事情もありそうですが)
排除されるべき人間と言う立場で散々経験してきています。

それは外に居ても部屋に居てもです。

未だその多くが”平和な社会”で暮らしているつもりの日本人は
彼らには到底太刀打ちできないのです。

片や生まれた時から戦闘意識を持たされて育ってきた人間。

片や、平和で争い事無く暮らしてきた人間。

両者は意識が全く異なっているのです。

昨日もそんな人間達に甚振られながら色々考えていました。

日本にとって何が一番良いのかをです。

私達はそんな人間相手にどう対処すれば良いのか?

戦うとなると今度はそこに争いや憎しみを生みますし
戦争の原因にもなります。

私達はこの心無い人間達に関わってしまった事を運命と思って
この日本を、そして今現在のこの”命”を諦めるしかないと思います。

もしくは死ぬまで彼らに説得の言葉でも投げかけるかのどちらかです。

それが、恐らくは、
世界の中でも最もまともな精神を持っているであろう
私達日本で生まれ育った人間のとるべき道。

極端な話、私達は残りの人生は、茨の道を覚悟して
何時死んでも、何時殺されても良いつもりで生きて行きましょうという事です。。

(まともな意識をしている人間ほど
彼らに攻め立てられることになると思います)

私は自分が皆に知らせたい事は大体書き終えました。

いつでもやられる準備は出来ています。


(宇宙人とエイリアンと地球人のVOL5で
伝えたい殆ど全ては網羅されていると思います。
ファティマ関係の時には辿り着けなかった結論があります)

後は皆が、私の主張を理解できる方が、
私同様な意識を持って自分の残りの人生を
暮らしてくれる事を熱望するだけです。

私達は恐らくは、ある人間達に近い意識を持った民族です。

争いごとを好まず、他人の権利を侵害する事も無い世界でも珍しい民族。

少なくとも今日本を乗っ取ろうという意識を持っている人間達よりは
はるかに”宇宙の法則”に近い道徳観を持っていると思います。

後は、争いや憎しみを持って暴れている人間達の意識に
感化される事無く自分の人生を全うする。

それがどんな終わりを迎えようともです。

そして死ぬ時も憎しみや怒りといった意識を持たず
精一杯生きたと言う満足感を持って死んでいきませんか?

(私のように常に苛々させられている立場でなければ
決して難しい事ではないと思います)

日本を乗っ取ろうと言う人間達にとっては
とても都合の良い意識ではありますが、私は本気で言っています。

しかし結果的にはその事で
私達は別の意味で救われる事になるのだと信じています。

彼らは変わる気はないようです。
そしてそれは事実上無理なのかもしれません。

せめて私達だけでも意識を少しでも変貌して
今度はこんな生き地獄ではない世界で生まれ変わり、
この社会の行く末を見つめて行くのも良いかもしれません。

私の主張をオカルトだと考えている方にとっては
恐らくは気休めにもならないかと思いますが

灰色の世界が浸透していく中、
その中に飲み込まれて染まって行ってしまえば
彼らと同じ運命になると私は思います。

勿論日本人に限らず、私の主張を理解してくれる人間や
日本の現状を危惧しているような心ある人間には
皆同じ事を勧めたいです。

誤りを改善する事が出来ない人間達、
この地球を崩壊へと導きかねない人間達の意識と同調する事なく
最後まで人間として、人間らしい意識を持って生きていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.

未だこうやって生きていかなければいけないなら
自分には一体何ができるのかと悩んでいました。

でも一つだけ見つけました。

アダムスキーが公演の中でしていたように
”真約聖書”を伝える事です。

ブラザーズやアダムスキーによれば
ブッタもマホメッドも全て神の法則を説いたという意味では
イエスキリストと同じ主張をしていたと言う事のようです。

ただ、その地域の特色や文化に合った内容を説き
ブッタに至ってはその主張が難しかった事もあり
学ばなければ理解できないような内容にもなっています。

私にしてみればお寺に生まれながらも、
さらに日本人の癖に仏教の知識はありませんし、
どうしても引用はキリスト教になってしまいます。

でもアダムスキーがしてくれていたように
わかり易くブラザーズの意識を広める手伝いができれば
それが微力であっても良いと考えるようになりました。

私のブログを読んでくれている人間の中の
ホンの100人だけでもそれを理解してくれれば良しと考えて

アダムスキーとブラザーズそして
イエスキリストの”真の”教えを共に学んで生きたいと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

”神のために生きるものは永遠の命を得る”
と言う聖書のイエスキリストの記述があります。


”自分のために生きるものはその命を失う”
ともあります。


私は宗教を敬遠していたので、
そんな言葉も妄信する気はありませんでしたし
宗教にありがちな神を狂信させる言葉にも取れました。

でも今では理解出来る物があります。

聖書はクリスチャンの聖典でありますが
同時に歴史書なのです。

イエスキリストが語った内容に関しては
それが事実そのまま伝わっていれば
その言葉はブラザーズの言葉として受け止める事ができる訳です。

イエスキリストがそこで主張したのは
”神の法則を守って生きる人間は
この今の地球のステップを終えて永遠の命を歩み始める事になる”
と言うこと。

そして”エゴにしたがって生きる人間は
魂ごと消えて無くなるんだよ”
と言う宇宙の法則の原則を語ったのだと理解しました。

宇宙の法則にしたがって生きる人間は、この地球での転生から抜け出して
本当の意味での永久の世界が始まるが、

今の状態のままで自分のエゴで生きている人間は
転生すらままならなくなりますよと言う事だと思います。

それが”永遠”である事を自覚するには
前世の記憶を持っている事が条件です。

何度生まれ変わって来たとしても、
その記憶が欠けていれば、
人はそれを永遠の命であると認識する事はできません。

しかしながら、この地球では何度生まれ変わろうが
殆どの人間は記憶が消えた状態から始めなければならないようです。
(例外も居るようですが)

それがひとつ上の段階、イエスキリストがかつて住んでいたと言われる
金星などに転生する事で、それ以降は宇宙の法則を守って生きる限り
その精神は記憶を持った状態で何度も生まれ変わる事になるそうです。

つまりその時に私達は始めて、
永遠の命を得る事になると言う意味だと思います。

そして私達人間の意識はその度に嫌でも高まっていく事になります。

完全なものは創造主だけであっても

私達はその使用している脳の領域を7%ではなくて
どんどんと使用する事により更に精神を高め、
限りなく神に近づいていく事ができる。

ちなみにブラザーズの使用している脳の領域は25%だと言う事です。

大体がイエスキリストの言っていた天国は
地球以外の別の惑星の事だと想像出来ます。

平均寿命600歳は当たり前で
あたりにはイエスキリストを感じさせるような
人間が暮らしている社会。

そんな社会を体験すれば地球人はそれを天国と呼び
今の地球の地獄っぷりを理解できるかと思います。


アダムスキー全集の中の
アダムスキー論説集もお勧めです。

妄信する必要はありませんが
自分の考えて居た事と同じ内容が多いと
自然にそれを見て正しいと確信したくもなります。

私は自分でも不思議なくらいアダムスキーの主張が良く理解できるので
つい熱中してしまっているのも確かです。

ただ、私は本当に神経が疲れきっています。

皆に精神の向上を薦めながらも
常に精神的ストレスを感じている私自身は
実は精神性がまるで高まってはいないと思います。

今のままでは私も精神ごと消えていく運命の人間かもしれません。

だから皆に負けずに努力していきます。

本当であれば日本全体や地球全体で
そんな意識の向上が計れれば良いのでしょうが

多くの人間達の耳には届きそうにないので
取り敢えず私達だけでも始めて行きましょう。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<宇宙人とエイリアンと地球人 神と天使と悪魔の正体は。 | 不幸のブログ 希望編 | 宇宙人とエイリアンと地球人 VOL3>>

この記事のコメント

No.220 歴代総理は韓国人ばかり
名前を挙げる必要もなく政治家は帰化人ばかりです。
プロ野球 プロレス 柔道 空手 など日本人よりむしろ割合が多い位です。
日本人は確かに愚民ばかりです。
あんな状況で原発推進派のあいつを再び選んだ東京愚民達
地球が回る莫大なエネルギーがあたりに散らばってるのに「原子力に変わるエネルギーは?」とほざく愚民達
意味不明のマスクを当たり前の央に装着して外をうろつく愚民達
確かに愚民達ばかりです。
テレビの見過ぎで二次元脳に退化した日本人達の脳味噌破壊は一体誰の仕業でしょうか?
しかしその中で三次元思考どころか四次元思考出来る日本人も居るのですが愚民達の山に埋もれ見えません。
学校で習った殆ど嘘だらけの理科や社会をひけらかす愚民が幅を利かせる世の中です。
事実を語るとキチガイにされます
恐竜は哺乳類で人間と共存した事実
三億円事件は警察の八百長だった事実
太陽系で一番遅れた星が地球と言う事実
中国人と日本人は全く別種族であり人類が猿から進化したなんて嘘と言う事実
しかし愚民達は既に自分達の頭では判断不能なのです。

だから日本人が日本人であるためには異種族から干渉されない独立国を作るしか無いのです。
「ネオ日本党は日本人種族であるあなたを支持します」
なんて流れになりませんかね~
2011-08-06 Sat 00:00 | URL | visitor #-[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。