不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  224

ファティマの奇跡と宇宙意識 VOL2

昨日は書いた後に冷静になって消したはずの工作員コメント
に触れた記事が何故か"部分的"に残っていたようで...
----------------------------------------------------------




前回の続きです。


ファティマに現れた”聖母マリア”とされた女性は
一般市民の見守る中、何度も奇跡を引き起こして去っていきました。


其の奇跡が一般市民を其の人物の神聖さを確信させ、
市民が彼女の警告に耳を傾ける大きな要因ともなりました。

聖母が伝えた警告とは大きく三つに分かれていたそうです。

それぞれ、ファティマ第一の予言、第二の予言、第三の予言と称されました。

奇跡を目の当たりにした人達は
それが聖母マリアの予言であると受け止めたわけですから
当然其の予言を強く信じる事にもなります。


そして現実に最初の二つの予言は立て続けに的中します。

最初の予言は第一次世界大戦の終わりの時期と
ロシアの変貌を予言した内容だったそうで記述内容はほぼ、そのまま的中。


二つ目の記述は、


「次の教皇(ピオ11世)の在位期間中に
もっとひどい戦争が始まり、其の時貴方方は
夜空に不思議な光が輝くのを見るでしょう。」


と言う内容だったそうです。


コンノ氏によれば、1938年1月25日~26日にかけて
ヨーロッパ全域に地獄の怪光の如く真っ赤なオーロラが
出現し当時の新聞にも大きく取り上げられたそうです。


その後間もなくヒトラーが台頭し二次大戦へと突入しました。。


つまり二つ目の予言は二次大戦の勃発を的中させたわけです。


そしてファティマには三つ目の予言があります。


それは聖母からルシアに約束付で語られた内容で
公表するのは1960年と言う条件付だったそうです。


何故に1960年かと言えば、


ルシアによれば、


「其の頃であれば良く理解できる内容だから」


と言う話だったそうです。


しかしこの第三の予言はその後1960年を過ぎても一部の人間達にだけ
その内容を確認されたに過ぎず、


内容の書かれた書面(手紙)は今現在もバチカンに厳重に保管され
その内容は公には一切語られてはいないと言うことです。
(ごく一部が漏れて噂されていますが肝心の部分は極秘のままです)


勿論、この事実を知っている人間は世界中に大勢いますし
取りわけカトリック世界の関係者達は
其の多くが其の噂を耳にしているかと思います。


そして其の秘密故に憶測が憶測を呼び
恐らくは三つ目の予言は、第三次世界大戦に関わる内容か、
世界の滅亡の事ではないかと噂されているのが実情です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この三つの予言の話を聞いて閃いた方もいるのではないでしょうか。


それは恐らくは闇政府の知識のある方、
若しくはメーソンの教皇と言われた”アルバートパイク”が
”マッティーニ”に送ったと言われる書簡の存在を知っている方々です。


両者はその内容がとても良く似ているのです。


ご存知ない方のために
私の過去記事を参照して頂ければと思います。





http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10348099568.html




http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10553517225.html




私が取り上げているようにアルバートパイクは
三つの世界大戦を”予言”していました。


一つ目の予言


【第一次世界大戦はロシアの絶対君主制を破壊し

広大な地をイルミネティーのエージェントの支配下に置かれるために

仕組まれる事になる


そしてロシアはイルミネティーの目的を

世界に促進するためのお化け役として利用されるであろう】


これはそっくりそのまま現実になりました。


二つ目の予言




【二つ目の世界大戦はドイツの国家主義者と政治的シオニストの間の

圧倒的な意見の相違の上に実現される事になる




その結果ロシア影響領域の拡張と

パレスチナにイスラエル国家の建設がなされるべきである。】


二つ目はイスラエルを建国し、第三次大戦の導火線の一つとして
イスラエルを建国しアラブ対イスラエルという戦いを作り上げる事。
(これは三次大戦と言うよりはハルマゲドンを想定していたかもしれません。)



これも勿論ご存知のとおりそのまま実現しました。


そして其の”予言”通りに引き起こされた二つの戦争は
世界を混乱に陥れる事になったわけです。。


そして三つ目の予言は


【三つ目の世界大戦は

シオニストとアラブ人の間にイルミナティーエージェントが

引き起こす意見の相違によって起きるべきである。

世界的な紛争の拡大が検討されている。】


つまり三つ目の世界大戦の勃発を
彼らが予定していた事を示しています。



幸いこの三つ目の大戦は今のところ”表立っては”起きてはいませんが


実は二次大戦後20年~30年程度の間に
三つ目の世界大戦は引き起こされる予定があったと
太田さんは指摘していました。


それが一体何を意味するのか??


彼らの計画は当初とは変更せざるを得なくなったと言う事です。


ところでファティマの予言とこのアルバートパイクの予言の
奇妙な一致は一体何を意味するのでしょうね。。。



ファティマに現れた聖母は
”ロシア”が災いの渦中にあるという事を”当時”繰り返していました。


闇政府がわざわざ自分達の引き起こす戦争を
聖母マリアを準備して予言する必要でもあったのでしょうか?



そうではないと思います。


三つ目の予言が封印されていて、
一方では闇政府の予定していた三つ目の戦争が起きていないのですから


闇政府の目的は当初の予定通りには行かなくなった。。


それはファティマ第三の予言のために妨害されたのだ。。


私はそう考えるのが論理的だと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

聖母マリアと言われた女性は
最後の奇跡の時に、自分達が何者であるか
そして目的は何であるかをルシアに告げると言ったそうです。


勿論、その内容含めて記述されているのが

ファティマの第三の予言の内容という事になるかと思います。



彼女の正体を確認できれば
彼女の目的を確認できれば


地球の置かれている現状や将来の危険に関しても
全てが掌握される事になるのかもしれません。


しかしながらバチカンはその内容を完全に封じてしまいました。


私の主張では、今のバチカンは闇政府の支配下
もしくは監視下に置かれています。


彼らの一存では勿論、”真の”ファティマ第三の予言を公表する事は
できないはずです。


そこに書かれているのは聖母の正体と、彼女が予言をしに遣って来た目的、
更には地球の近い未来の何らかの出来事が記述されているからです。


そしてその内容は闇政府にとって好ましい内容では有り得ない。


だからこそその内容は一部だけが噂として飛び交っていますが
核心部分は封印されたままなのだと思います。


そこに記述されていた内容は一体何だったのか?
そして彼女の正体は?


謎が謎を呼ぶ第三の予言ですが
それが例え公表される事が無かったとしても


既に地球に何らかの大きな影響を既に与えたであろうと言う事は
第三次世界大戦が現実には未だ起きていない事からも
当時のアメリカやソ連の核軍縮への歩み寄りからも
ある程度は想像がつきます。



しかしながら一方では、私達は気がついています。


アルバートパイクの三つの戦争は
闇政府支配を確立するために必要とされたもので


最終的には世界の人口を三分の一にまで減らすような
大掛かりなものが用意されていたと言うことをです。


そして一方では、実は目に見えない第三次世界大戦が
1957年に密かに始まっていて


それは今現在も進行中であると言う事も。。。


それどころか今こそ本格化していると言う事実をです。


続く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  230

被害報告H23.07.19

今日の記事は別に出します。


昨晩から止まっている
自動車NO2852の軽のバンは出張工作員でしょうか。。。


今現在は胃腸をみぞおち付近で詰まらされて
両手両足からの強い電磁波の照射を受け続けています。



頭部、目の裏の辺りにも照射を受けます。
確か心臓に負担をかけるのに有効なつぼだと理解しています。
並行して心臓にも来ています。

そしてこのようにコメントを書くとその場所を変えてくる。
そんな子供のような意識の人間に私は散々な目に遭っています。


おとなしくしていれば
しめたとばかりに付けこんで来る。

そんな人間達とは早々と縁を切りたいのですが
其れが叶わないのが悔しいです。

吸うと体調不良に成るような薬品と
胃腸を通じて様々な関与をしてくるための薬品を
吸わされ続けています。

一方では昨晩から、
胃腸のへの激しい締め付けや水分蒸発等の関与が続き、

早朝から胃腸の締め付けで目を覚まし
得意のトイレ妨害含めての行為が続いています。
(AM7:00現在)
時には体が激しく火照ります。

直腸から締め上げて其の場所を徐々に上へと引きあがるとどうなるか。。
それを当たり前のように毎日のようにやられているようです。

寝ているときが中心なのですが
トイレ妨害のためには昼間も堂々と仕掛けてきます。
いまも体が通常よりも遥かに暑い思いをさせられています。

勿論これもマイクロ波兵器のためにです。

最近私に執拗に関与している人間は
以前から私の顔に関与してくる人間と同一人物だと思います。

黒いバンで遣って来る人間達や其の関係者です。

私の精神を意図的にかき乱し
苛々させることを楽しんでいるようにも思えます。

何でこんな人間を組織の人間たちは放置するのか?
結局は闇政府の傀儡であるから
私の主張は封じなければならないということなのでしょうね。

昨日は止せば良いのに
食事をおいしく食べてしまったために、

昼間から延々と不快感と胃腸の締め付けで苦しみ
夕食後にもそれは止むことはありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分の正常な意識や能力や体調を
私はこの数年間殆ど認識した事はありません。

勿論マイクロ波兵器の関与のためです。

先日、某場所の海岸に出向いた時も
行きの交通手段、帰りの交通手段の中では
彼らに取り囲まれる羽目になりその関与を延々と受け続け

更には信じられない事に、
海岸でもまんまと特定の場所に誘導された形になり、
(道が工事中で目的地へいけませんでした)
一時も科学力の関与から逃れる事は出来ませんでした。

私にしてみればこの邪悪な科学力の周波数が
常に私の心を病ませますし心身をかき乱します。

私は色々な事に気が付きながらも
それを実践する事は出来ない状況にも置かれています。

何となくですがもしも今、自分が死ぬ事があっても
自分の”望み”は叶うのではないかと勝手な希望も持っています。。

しかしながら今のままではいけないと自分に命じています。

私は今までここまで広報しながら
結果的には誰の役にもたってはいないと思うからです。

私の主張は恐怖や不安ばかりを煽ったに過ぎず
誰の心にも安らぎを齎す物では無かったようです。

それは私の力不足でもありますし
この地球の中で今暴走を続けている人間達の意識が
あまりにも”悪い意味”で強力だからであると考えています。

人の意識や心はそのまま目に見えない力となる事もあるかと思います。

しかし彼らの使用している恐怖の科学力は
其の人間の正常な意識さえ邪悪に変貌し得るとんでもない科学力です。
(単に苛々させるだけでなく精神の汚染をも齎すことが出来そうです)

私は其の科学力で自分の意識をかき乱されている人間が
この日本にも大勢存在していると思います。

それは無自覚・自覚含めてです。

勿論、其の一方でそんな邪悪な科学力を
当たり前のように利用しては私達の生活だけでなく
意識や身体にまで悪影響を及ぼし続けそれを決して止めようとしない人間達がいます。

この人間達は恐らくはこの利用を止める事は無いと思います。

それほどまでに地球の中の人間の意識は極端な二分化が進んでいて
暴走の波に乗った方の人間の思考は
身勝手な価値観とエゴに捕らわれているからです。

一般市民の中でもとりわけ私の様な自覚被害者に関しては
其の凄まじさを自覚していると思いますが

民族や信仰に捕らわれ、憎しみや怒りや欲や誤った価値観のために
暴走する人間達の意識はそう容易に変える事は出来ません。

かと言って私達はこんな心無い人間達と無関係でもいられません。
放置しても向こうから関わってくるからです。

私達は大きなハンデを負った状態で
この窮地を乗り越えていかなければ成らない。

かと言って、この人間達と同じ運命を辿らない為にも
この意識に染まってはいけない。。

其の事を良く理解しているつもりでも
私などは心身への攻撃に苛つかされて其の事すら怒りや苛々で忘れさせられます。

しかも時にはそれを意図的に誘導されている気配すらあるのです。

他人に危害を加える事を当たり前としている人間たちの意識と
私達は決して同調してはいけない。

彼らに巻き込まれると私達まで
憎しみと怒りの中で精神性を激しく落としいれられ
あるべき自分の姿からどんどんと遠ざけられることになる。。

私達は滅び行くであろう魂と其の波長を合わせてはいけないのだと思います。

”私の夢”はアダムスキーが出会った人間達と同じ世界に生まれ変わる事です。
一番末端の出来の悪い存在として、心豊かな人間に囲まれて
自分の心を豊かに変貌していきたい。。

今のように憎しみや怒りや悪意を全身に受けて生きるのは正直もう懲り懲りです。

言わせて貰えば歴史の中のどんな偉人の中にも
そしてどんな聖人の中にも、

今現在私達、自覚・無自覚の被害者が受けているような
他人からの激しい苦痛を受け続けて生きた人間は居ないのです。

考えようでは精神修行になるのかもしれませんが
受け続けている人間にしてみればそれは軽度であっても拷問です。

被害者や無自覚の被害者は其の拷問行為を受けながら
望まない精神修行を強要されているようなものかもしれません。

それで精神が高まるのなら未だしも心は荒むばかり。
これで結果的に彼らと同じ運命に誘導されるというのであれば
私達はあまりにも悲惨すぎます。

環境が変わることが無いのであれば、
責めて残された人生は”真理”を追究しながら

再びこんな世の中に生まれて来なくて済むように
自分の理解者と共にそのための努力をして行きたいと思っています。

(私達はこの苦痛に耐え続けさせられたのですから
どこかで報われても良いと思うのです。。
そのためにも私達に出来ることがあればやって行きたい)

それが短い期間に成るのか長い期間なのかも判りません。
それも全てはこの人間達の意識次第だからです。

自分の運命を他人に握られて生きる人生はまっぴらなのですが
死ぬ事も出来ず、こうやって屍の如く生き続けている。。

運命の牢獄、生き地獄にこうやって生きながら
せめて自分が出来る事をやっていく。。

私は至らない人間として、
それが宇宙の真理に従った生き方である事を願うばかりです。










別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。