不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  82

独り言 H21.08.06

本文中に訂正がありました。

側を歩いている一般人の目には、
先に因縁をつけたのが
俺達加害者であるかのように映るかと思います。


勿論ここは被害者です。
こんな事をすると又加害者に足を引っ張られるのですが
如何せん頭が動かない事が多いし
奴らはブログを改竄する事もできるし。。

知らせてくれた方ありがとうございました。
気をつけます。

そういえば右と左、原因と結果のように
全く逆のものを取り違えて書くようなミスが多いのも
只の偶然なのかな。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初は被害が酷いと何でも加害者の仕業の所為でないかと
思ってしまう事があるかと思います。

風が吹いても雨が降っても加害者母体を疑ってしまう。

傍から見ればそれは猜疑心が強すぎと
言われそうな事もあるかと思います。

そしてそれを被害者以外の前で口に出し続けると
本当のことであっても一般人には余計理解してもらえなくなる。。
そんな事もありそうです。

だからと言って科学力による被害の殆どは
元々理解も説明もし難い物。。。

そして一般人が理解できない被害ほどやつらにっては
利用価値のある攻撃です。

そんな時は口には出さないで,
めい一杯彼らを疑ってみてください。

口に出させることで
家族に精神状態を疑わせると言う手法も
奴らは取るようなので。。。


勿論俺は気が付いています。
奴らは色んな事が出来るはずです。

極端な事を言えばありとあらゆる事をです。

そして科学力や薬品を利用しての加害行為の
基礎となっているのは間違いなく医学に科学。

人の細胞に対してこの薬品を吸収させるとシミが出来て
この科学力を使用すると細胞がはれ上がり

この薬品が体の水分と反応すると
アレルギーのようなかゆみを与える。。。。

彼らは恐らくは科学力や薬品を使用した
過去の人体実験とも言えるサンプルにより

ありとあらゆる細胞の変化などを
事細かにデーターにでも取っていて
それを実戦で使用していると思います。

彼らの技術は精神的・肉体的な
恐らくは数多くの研究データーに基づくもので
人体実験の成果と言っても良いのかも知れません。



独り言 H21.08.06…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:31 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。