不幸のブログ 希望編

私達の残された可能性と残りの真実についての探求
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  31

俺は怒っています。

今こうやってブログ記事を更新する最中も
201号室に出入りする工作員によって
胃腸に電磁波照射受けています。


こいつらがこの世から消えてくれたら
例え貧乏でも
どれだけ幸せかと最近はつくづく考えています。

この記事は昨晩ぶちきれた状態で
酒を呑んだ状態で感情任せに
書いた記事です。

誇示脱字その他色々問題ありそうですが
俺の本音が見え隠れする
理性をとぱらった文章と言う事で
敢えて公開してみます。

長いですが読んでみてください。




頭のおかしい加害者のために毎週末ごとに妻と
喧嘩状態へと追い込まれます。

原因は勿論色々あります。
一つ目には夫婦してイライラさせられてる事です。

人間を苛つかせるのはそんなに難しい事ではないようです。
家の夫婦の恥を具体例として紹介すると

先ず不思議な事に人間は胃腸が悪くなったり
便秘をしたりすると不思議とイライラが始まるようです。


俺は怒っています。…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  28

血と信仰

ユダヤ教徒とユダヤ人。
今度から使い分けようと思います。
"ユダヤ教徒"
はユダヤ人にユダヤ教を信じる人達を含む概念として使って

"ユダヤ人"は血統的に
ユダヤの民イスラエルの民といわれる人達の
血を引いた人間という概念として
今後記事でも使い分けますね。

今世界を動かしているユダヤ教徒は
純粋なユダヤ教徒ではない可能性が高いです。
本当の意味では邪教徒の可能性がありますね。





イスラエルといえばユダヤ民族の国家。
彼らは知らないうちに世界ユダヤシンジケートともいえる
フリーメーソン、イルミネティーといわれる組織に
利用されていると思いますが、

今確実にイスラエルを取り巻く世界情勢も
聖書の予言に忠実に進んでいることは
キリスト教に詳しい方なら
恐らくは気がついていると思います。


血と信仰…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  25

集団ストーカーという陰謀

明日はテクノロジー被害者の会のフォーラム
参加してきます。

彼らがどんな活動をしているのか
やっぱり興味がありますよね。

恐らくは日本で一番多くの集団ストーカー被害者が
集まっているであろう被害者の会ですし
活動内容とかも聞いてみたいですね。

でもやはり俺は他の被害者とは
連携が取れないよう仕向けられているらしく
メールやり取りしてるような人で
参加出来る人はいないようです。

目的が半減しそうですが
せめて活動をしっかり把握して
参加できない他の被害者に
報告しようと思います。

でも、自分の出来る事がその程度でしかない事
正直言うと残念なのです。

自分が被害者を集めることは出来ないのは
間違いないですが、せめて被害者同士の交流の
きっかけだけでも作れたら。。。

そう思いますが加害者はその程度の事すら
たくみに妨害してくるようです。



集団ストーカーという陰謀…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  23

人間を作ったのは誰だ?

今日の記事は信頼度30%としておきます。

はっきり言えばオカルト電波扱いされそうな
記事だからです。

でもこういう考え方をする事も出来るんだ。。。

このように考えると辻褄が合う。。

そんな参考にしてもらえばと思って
書きました。

勿論私の独断と偏見満載です。





プライベート板なので
少し雑談から。。。

”不幸のブログ”という名前が相応しくなってしまった感のある
今の私のブログですが、これがいつか
幸福のブログとかに変わることはあるのでしょうか。。。


私がHNで諸星あたると名乗っているのは
勿論”うる星やつら”が好きだった事もあります。

でもそれ以上に”諸星あたる”というキャラクターが
まるで自分のように不幸の星の下に生まれてきた
と言う設定の主人公だったから。。

常に不幸に付きまとわれる。。。
集団ストーカーに気がつく前の私がまさにそれでした。





人間を作ったのは誰だ?…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 不幸のブログ 希望編 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。